ホワイピュアの効果

ホワイピュアは効果なし?しみや肝斑そばかすに本当に効くの?

身体の内側から、シミやそばかすの対策として美白ケアを行うことができる「ホワイピュア」。

シミで悩んでいる方の中には、自分のシミは肝斑かもしれない。とお思いの方もいらっしゃいますよね。

ホワイピュアは肝斑にも効果があるのでしょうか?

調べてみると、シミや肝斑、そばかすに対するホワイピュアの効果についてある事実が分かりました

ホワイピュアはシミそばかすに効果あり?

ホワイピュアは飲むことで、シミ対策をすることが出来る医薬品です。

飲んで摂取をするため、顔だけでなく、身体全体の美白ケアをすることが出来ることが特徴として挙げられます。

では、ホワイピュアは、本当にシミに効果があるのでしょうか?

 

ホワイピュアの成分を確認してみると、ある事実が明らかになりました!

 

ホワイピュアの5つの有効成分(配合量は1日量6錠中)

  • L-システイン 240mg
  • ビタミンC(アスコルビン酸)1000mg
  • ビタミンB2(リボフラビン)6mg
  • ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)12mg
  • 天然型ビタミンE(コハク酸d-aトコフェロール)50mg

 

それぞれの成分の主な働きは、

  • L-システイン 240mg

メラニンの生成を抑える。

  • ビタミンC(アスコルビン酸)1000mg

メラニンの生成を抑える。

  • ビタミンB2(リボフラビン)6mg

皮膚や細胞の新陳代謝の促進する。

  • ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)12mg

肌の健康維持・皮膚の代謝を促進する。

  • 天然型ビタミンE(コハク酸d-aトコフェロール)50mg

メラニンの沈着抑制・紫外線の防御する。

    このようになっています。

     

    つまり、ホワイピュアの配合成分を見ると

    • 皮膚の新陳代謝を促進させ、お肌のターンオーバーを整えてくれる
    • シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制してくれる

    という働きをしてくれるということが分かりました。

     

    ホワイピュアは、メラニンを抑制するL-システインを医薬品として最大量含んでいます。

    また、ビタミンCもレモン50個分という量が含まれています。

     

    この量の多さは他の商品と比べても圧倒的に多い量なので、これらの成分がうまく働くことで、肌のターンオーバーを整え、シミの原因となるメラニンを抑制するためシミやそばかすは効果が期待できると言えるでしょう。

     

    >>ホワイピュアの公式サイトはコチラ

    >>ホワイピュアの成分や効果について詳しく知りたい方はコチラ

    ホワイピュアは肝斑にも効果がある?

    ホワイピュアは、成分を確認してみると、シミやそばかすに効果が期待できるということが分かりましたね。

    では、ホワイピュアは肝斑にも効果があるのでしょうか?

    そもそも肝斑とは?

    肝斑とは、主に、ほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称にあるシミのことです。

    女性ホルモンのバランスの乱れが原因とされており、30〜40歳代に発症することが多いシミです。

    この肝斑は、主に内服薬で治療をしており、トラネキサム酸の内服が効果的だと言われています。

    ホワイピュアは肝斑に効く!?

    肝斑の治療には、トラネキサム酸の内服が効果的だと言われています。

     

    ホワイピュアの配合成分は、さきほど紹介した通りで、トラネキサム酸は配合されていません。

     

    そのため、ホワイピュアを飲むことで、肝斑への効果は期待できないと言えるでしょう。

     

    シミや肝斑の見分け方は難しいのですが、肝斑だと判断できる場合には、ホワイピュアではない商品がオススメです。

     

    肝斑ではなく、シミやそばかすをどうにかしたい!とお考えの方には、ホワイピュアはシミやそばかすに効果的な成分が十分な量配合されているので、効果が期待できます。

    スキンケアだけでは効果を感じれないと言う方は、体の内側からのシミ対策をすることで、効果を感じることができるようになるかもしれません。

    友人から「顔色明るくなって綺麗になったね」と言われ、気持ちまで明るくなる日々を過ごしましょう。

     

    公式サイトはこちら